塗装とアッセンブリー編

 

 

ベース塗装

一液ウレタンを塗装しながら#1500までぺーパーをかけ、最後はウエスで磨いてフィニッシュします。

 

小パーツを塗る

トーンアームなどの小パーツをエアブラシで吹いている。

色は、Mr.カラーのセミグロスブラックです。

 

使用したのはGSIクレオスのMr.カラーとタミヤのエナメル塗料など。

ビン入りのサーフェイサーはとても便利ですね。

 

水準器を塗る

ダークグレイでスミ入れ。黒は濃すぎてよくありませんでした。

 

裏からクリアーイエローを軽く吹いて、ホワイトで押える。水準器っぽくなってきました。

本体を塗る

色は実物見てないので、トヨタ2000GTの色にしてみることに。

昔、「007は二度死ぬ」で若林映子の愛機が2000GTのオープンだったんです。

それ以来2000GTが好きで。そういう思い入れがあると塗装作業も進みます。

塗り上がってみると、色もそんなに遠くない感じでした。

Mr.カラーのグランプリホワイトにクリアーオレンジを少量混ぜたペガサスホワイト。2000GTの色。子供の頃作ったのを思い出します。2回目以降はさらにクリヤーオレンジを混ぜて調整しました。計4回吹いて軽く研いで、ガイアノーツのクリアーを4回吹きました。

ラッカークリアー塗装も久しぶりだったのでメーカーによって硬度が違うのをすっかり忘れてました。

子供の頃はソフト99のクリアーが好きだったな~。ガイアノーツの傾向はわかったので今度は、フィニッシャーズのオートクリアーを使ってみようかな。かなり硬くていいらしいですから。

 

なるべくエッジを避けて#3000のペーパーで研磨し、コンパウンドでフィニッシュします。

なんか1/43のカーモデル作ってるみたい。ここまでくるとようやく完成しそうな気になってきます。

 

アッセンブリー

 

 

カートリッジ以外の全パーツ。

トーンアーム組み立て

アームヒンジ。アームが中を通ります。スイングはしません。

 

今、ビス留めしている黒いアームベースはややオーバースケールです。このM1のビスが使いたかったから少し直径を大きくしました。まあ、ディフォルメということで。

 

黒檀ベースの裏からM2ビスで。ほとんどのパーツはビスで組み立てるようにします。

そうすれば、塗装にキズをつけるなどのトラブルをほとんど防げます。

 

アームレストの組み立て。接着剤は使ってません。圧入できるように作ってあります。

あとで角度の調整も簡単。

 

 

トーンアームの組み立て終了。

本体組み立て

プラッターはアルミの削り出し。サイドにヘアーラインを入れてから腐食防止のクリアーを吹いてます。センター部分はMr.メタルカラーで磨いてあります。1個だけしか作らないのでアルマイト処理はしませんでした。

ターンテーブルマットとプラッターは、両面テープで組み立てるので、0.1ミリのくぼみを彫ってあります。センター付近の4箇所と1周ミゾが周っています。これで不自然な浮きを防げます。

ベースと本体をビス留め。

アクリル製のターンテーブルマットは、セミグロスブラックを数回塗装してゴムっぽく。

 

中心にあるセンタースピンドルは1.2ミリのステンレス。1.2ミリのステンレス線なんて近所のホームセンターなんかには売ってない。アマゾンとかだと高いし、たくさん欲しくはありません。そんなとき便利なのがステンレス製のクギ。これをカットして先端を丸め、研磨して取り付ける。太さ、長さ、数種類買っておくとプラモ作る時など重宝します。

SPU

ボディは黒ABS樹脂をそのまま磨きあげた。

指かけは脱脂して2液エポキシ接着剤で2本の虫ピンを打ち込んでしっかり接着する。

はみ出した接着剤をすべて拭き取っておく。

トーンアームに圧入して完成。

完成へ