フィル・ジョーンズって知ってる?


「フィル・ジョーンズって知ってる?」

「知らないです」

「昔、アコースティック・エナジーのAE-1っていうスピーカーがあってめっちゃ欲しかってん。LS3/5Aの次はAE-1作ってや」

 2018年の忘年会で埼玉のOさんが次のスピーカーが見たいと言ってきました。

「今、1/48でルノーFT17の図面書いてるので当分スピーカーできません。あんなやっかいなスタンド作れませんよ」

「知っとるやん。ゼロから戦車作るなんて1年がかりやろ。飽きてまうで。AE-1は直線構成やから簡単やって。鳴らなくていいから得意のちっちゃいミニチュアで作ろうや。スタンドなんて友達に3Dプリンターで頼んだらええねん」

「作んない人は簡単に言うからなー」

「ルノーFTならモンモデルの持ってるで。1/35のやつ。欲しい?AE-1完成させたらあげるで。モデルカステンのデカールセットもつけて」

「ええっ、ほんとですか?・・・・じゃあ作ります」

AE-1の復刻版広告を見ながら作図していきます。

スピーカー本体はこの写真一枚から作っています。以前、秋葉原のレフィーノ&アネーロで実物は見たことあるんですがスタンドは販売してなかったのでステレオサウンドの写真を参考に細部は想像で作図しています。

スケールは1/8手のひらサイズで製作。

AEロゴは0.2ミリのエンドミルで彫刻できるように形状を調整してあります。

ツイーターのパーツ構成はこうなっています。ダミーネジの直径は1ミリ。ベースを黒ABS板から削りスリットを入れています。

パンチングのジグを削り、クランプして真鍮ネットを絞ります。ダミービスはハイキューパーツのCPリベットでいつも使っているものです。このメーカーは使えるディティールアップパーツがそろっています。

本物のユニットの材質が違う部分でパーツ分割しています。こういうのは筆塗りは向いてません。パーツごとにツヤの感じをエアブラシで調整しなければならないので。小さくて仕上げづらいのでアクリルから削り出しました。

本体をABSブロックから削ります。裏の端子の上にラベルがあるのですが正確に位置決めするのとラベルの端面を見せないように0.3ミリポケットしてあります。模型的な処理ですけど。

 スタンドとビス留めできるよう底面にM2タップを切ります。ユニットパーツとの塗装クリアランスを確認しながら水砥ぎしてサフ吹きします。

このやっかいな形状のスタンドのシャフトのパーツを友達のモデラーIさんが3Dプリンターで作ってくれました。忙しい年末にIさんありがとうございました。

一本は3Dプリンターで、もう一本は自分で削って作ってみることにしました。8ミリのABS棒を26.1度づつ回転させ溝を切ります。フィンは0.5ミリのプラ板で削っています。ガタつかないようにクリアランスは0.03ミリです。

フィンをペーパーで仕上げてからシャフトに差込み、タミヤの速乾接着剤を流し込みます。この接着剤は、ほんとに使い易いです。パーツを溶かしすぎないし。

端面を水平に仕上げ、太いフィンを一箇所長く飛び出させ、ビス留めするベースとの回転ストッパーになっています。

以下続く 作業内容の更新は週に1~2回です。

完成予定は2019年3月下旬です。